• Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • RSS
2015
January
15

はじめに

FORIS FG2421やFS2434は、専用ユーティリティG-Ignitionで簡単に表示調整ができ、ゲームタイトルに応じた好みの表示に変更できます。本ページでは、EIZOがスポンサードするプロゲーマーの表示調整方法や、G-Ignitionを用いた表示調整のコツをご紹介します。
 

プロゲーマーによる表示調整方法をご紹介

動画で分かるFnatic YellowStar氏の表示設定例

機材:FORIS FS2434

ゲーム:League of Legends (MOBA)

Fnaticのカラー調整値ダウンロードはこちら
 

G-Ignitionを使用した表示調整の準備

  1. PCにG-Ignitionをインストールし、FORISとPCとをUSBケーブルで接続します。
  2. 表示を調整したいゲームを、ウィンドウ表示で開きます。
  3. G-Ignitionのメニュー画面を開き、カラー調整タブを選択します。
  4. 調整するカラーモードを選び、「カラー調整」ボタンをクリックします。調整結果をファイルにエクスポートできる「Userモード」のご利用をオススメします。
    G-Ignition
     
  5. 調整したいゲームのシーンを表示した状態で、各設定を変更します。
     

主な設定

1. ブライトネス

画面の明るさの調整です。見た目の印象に大きく影響するので、最初に調整することをオススメします。白色がまぶしくない程度の設定が、目が疲れにくくてオススメです。

2. 色温度

全体的な色味の調整です。6500Kが一般的な設定で、値を下げると赤みが強く、値を上げると青みが強くなります。低い値の方が、ブルーライト成分が減って目の負担が少なくなります。

3. Smart Insight 2 ※FS2434のみ

FS2434のみ使用できる機能で、画面の暗くて見えにくい部分を見やすくすることができます。値が大きいほど、暗い部分を積極的に補正します。ゲームの雰囲気を保って遊びたい場合は低い値、視認性を高めてハイスコアを狙いたい場合は高い値がオススメです。

4. ガンマ値

2.2が一般的な設定で、値を下げると暗部を中心に映像が明るく、値を上げると逆に全体的に暗めの映像になります。暗い映像のゲームの視認性を改善したい場合は、ガンマ値を下げてください。ただしSmart Insight 2を利用できる場合は、そちらで設定することをオススメします。

5. 彩度 ※FS2434のみ

色の鮮やかさの調整です。0が標準値で、値が大きいほど鮮やかな表示となります。ゲームの雰囲気を保って遊びたい場合は0のまま、鮮やかで視認性の良い表示にしたい場合は値を大きくしてください。

設定の保存

G-Ignitionで調整した結果は、設定の変更後にOKボタンをクリックすればモニターに保存されます。しかし別のゲームタイトル向けに異なる調整をする場合、前回の調整結果に上書きされてしまいます。調整結果をエクスポートし保存しておくことで、異なる調整結果を使い分けることができます。

  1. 好みの設定に表示を調整したら、「カラー調整」タブに戻ります。
  2. 「モード選択」プルダウメニューの表示が、調整したUserモードになっていることを確認します。
    G-Ignition
  3. 「エクスポート」をクリックすると、ファイル保存のウィンドウが表示されます。」
    export
  4. ファイル名を指定し、「保存」をクリックすると調整結果のエクスポートが完了します。
  5. エクスポートした調整データは、「カラー調整」タブの「インポート」より読み込めます。